美肌

関節軟骨に重要なコンドロイチン

コンドロイチンの生成量は加齢とともに減少していくため、特に中年期以降は積極的に摂取していく必要がある。
食品のみからの摂取だとカロリーオーバーになる可能性が高いので、医薬品やサプリメントを上手に活用していく必要がある。
また、コンドロイチンとの併用によって更に効果が認められるグルコサミンも体内で合成されるが、こちらも加齢や肥満、運動不足などの様々な原因により生成能力が衰えていく。

これらが関節軟骨内から減少していくと、変形性膝軟骨症などの症状が出やすくなってしまうのだ。
変形性膝軟骨症とは、膝の関節軟膏がすり減って痛みが生じる病気である。
通常、関節には軟骨と呼ばれるクッションがあり、これが膝にかかる体重や圧力を和らげている。
しかし、軟骨や軟骨内のコンドロイチンが減少するとクッション性が効かなくなり、徐々に痛みが生じてくる。

これは主に加齢が原因とされているが、他にも肥満、外傷、関節疾患など様々な要因が考えられ、50歳以上の女性に多いと言われている。
初期症状としては、膝の内側が痛い、階段の上り下りが辛い、イスから立ち上がる時に膝が痛むなどがある。
こういった関節炎、関節痛の予防と痛みの抑制の為にも、コンドロイチンとグルコサミンを摂取する事が重要となってくる。

これらを摂取することで軟骨の新陳代謝・形成が促進され、関節の動きが滑らかになることで膝などの曲げ伸ばしが容易にできるようになるのだ。
また、コンドロイチンには関節だけでなく、美容の面においても重要な役割を果たしている。
コンドロイチンが不足すると、新陳代謝の低下を引き起こし、栄養素が満遍なく行き渡らなくなるために、老廃物が体内に蓄積されるようになってしまうのだ。

様々な効果が認められているコンドロイチンだが、中には摂取を控えた方が良い場合もある。
特に妊娠中や授乳中の女性、また、血液凝固作用がやや低下するので、出血の可能性がある方は控えた方が良いだろう。
グルコサミンとコンドロイチン、この2つは軟骨を作る作用と軟骨を守る作用が混合して、非常に相性のいいものとなっているのだ。

このページの先頭へ