美肌

コンドロイチンとは

コンドロイチンとはなにか?
コンドロイチンとは、今から140年以上前にドイツの科学者フィッシャーによって牛の軟骨から発見された物質である。
発見されてしばらくは人体の中での働きがはっきりとはわかっていなかった。

しかし近年、その研究は大きな発展を遂げ、膝関節における様々な機能が明らかにされ、生命維持に必須の物質として認識されている。
コンドロイチンのほとんどは、プロテオグリカンとして細胞外マトリックスや細胞表面といった全身の至る所に存在し、特に関節軟膏に多く含まれている。
関節軟膏とは、骨の表面を覆うゲル状の青みがかかった組織である。
コラーゲン繊維が作る網目状の骨組みにプロテオグリカンという大きな分子質量の糖タンパク質が絡み付いた構造を持ち、これが結合している。

また厚さは4~6mmであり、骨よりも柔らかい。
ヒアルロン酸を主成分とした関節液(骨液)を含み、それは潤滑剤として機能している。
これはこの関節軟膏のうち約27~48%を占めているのだ。
コンドロイチン硫酸の『コンドロイチン』とは、ギリシア語の「軟骨」といった意味で、関節軟膏の中でクッションとなる弾力性や水分を保持する役割を担っている。

このものが関節軟膏に含まれることで、全身の関節が柔軟に、またスムーズに動くようになるのだ。
こういった意味では関節軟膏内のその役割は重要となっているのだ。
また、膝の関節軟膏変性によって発生する変形性膝関節症に対しては、抑制作用や水分保持などの働きで膝の関節軟膏を守ると考えられている。

その他にも、関節の軟骨成分の生成を助け、すり減りを予防する効果が期待されている。
医薬品としてのコンドロイチンは、医療用医薬品では、腰痛症、関節痛、肩関節周囲炎(いわゆる五十肩)などの治療、角膜表層の保護として用いられている。
一般用医薬品では関節痛、神経痛、角膜表層の保護として用いられているのだ。コンドロイチンとはなにか?
それは、今から140年以上前にドイツの科学者フィッシャーによって牛の軟骨から発見された物質である。
発見されてしばらくは人体の中での働きがはっきりとはわかっていなかった。

しかし近年、その研究は大きな発展を遂げ、膝関節における様々な機能が明らかにされ、生命維持に必須の物質として認識されている。
そのほとんどは、プロテオグリカンとして細胞外マトリックスや細胞表面といった全身の至る所に存在し、特に関節軟膏に多く含まれている。
関節軟膏とは、骨の表面を覆うゲル状の青みがかかった組織である。
コラーゲン繊維が作る網目状の骨組みにプロテオグリカンという大きな分子質量の糖タンパク質が絡み付いた構造を持ち、これが結合している。

また厚さは4~6mmであり、骨よりも柔らかい。
ヒアルロン酸を主成分とした関節液(骨液)を含み、それは潤滑剤として機能している。
これはこの関節軟膏のうち約27~48%を占めているのだ。
コンドロイチン硫酸の『コンドロイチン』とは、ギリシア語の「軟骨」といった意味で、関節軟膏の中でクッションとなる弾力性や水分を保持する役割を担っている。

これが関節軟膏に含まれることで、全身の関節が柔軟に、またスムーズに動くようになるのだ。
こういった意味では関節軟膏内のコンドロイチンの役割は重要となっているのだ。
また、膝の関節軟膏変性によって発生する変形性膝関節症に対しては、抑制作用や水分保持などの働きで膝の関節軟膏を守ると考えられている。

その他にも、関節の軟骨成分の生成を助け、すり減りを予防する効果が期待されている。
医薬品としてのものは、医療用医薬品では、腰痛症、関節痛、肩関節周囲炎(いわゆる五十肩)などの治療、角膜表層の保護として用いられている。
一般用医薬品では関節痛、神経痛、角膜表層の保護として用いられているのだ。

このページの先頭へ